経営難を理由に来季、プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)からの離脱が決まっている金沢武士団(サムライズ)を支援する目的で、インターネットで資金を集める「クラウドファンディング」が26日、スタートした。
 七尾市の地域振興団体「Nacss(ナックス)」が始めた。1千万円を目標に善意を募り、クラブの活動費に充てる。
 クラブ後援会に入っているナックスの茶谷義隆理事が、来季のB3参戦に向け資金がまだ不足していることを知り、クラウドファンディングを思い立った。期間は5月29日まで。クラブの中野秀光社長は「感謝の気持ちでいっぱい」とコメントした。

&nbs...    
<記事全文を読む>