バスケットボール男子、B2仙台は来季の編成作業を進めている。主将の月野、守備の要となったミラーら今季の中心メンバーを残留させた上で、B1レギュラー級の日本人選手獲得を目指す。
 ガードの月野と白戸は、共に昨年2年契約を結んでいる。今季B1大阪から移籍し、攻守ともに成長を見せたシューター沢辺にも残留を働き掛ける。加えてB1チームで主力だったガードを複数リストアップして交渉を進める。
 動向が注目されるのはセンターのミラーだ。桶谷監督が掲げる堅守のバスケを実現するために欠かせない存在。志村雄彦ゼネラルマネジャー(GM)も「守備のカバー範囲が広く、チームに安定をもたらした...    
<記事全文を読む>