バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道と横浜の2戦先勝ち方式の残留プレーオフ(PO)が26、27の両日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われる。

 横浜との今季の対戦成績は2戦全敗。1試合当たりの平均得点が15・6と、B1の日本人2番目につける川村をいかに抑えられるかが鍵になる。横浜は過去2度、残留POをくぐり抜けているだけに精神面では分があるか。内海ヘッドコーチ(HC)は「得点力のあるチームなので守備が鍵になる。ファンのためにもB1に残留する」と決意を口にした。

 試合開始は26日が午後7時5分、27日が午後3時5分。

...    
<記事全文を読む>