バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は21日、アダストリアみとアリーナなどでリーグ最終戦の6試合が行われ、茨城ロボッツは福島に88-90で惜敗し、3連敗。通算成績35勝25敗、東地区3位でシーズンを終えた。

外国籍選手をけがで欠いたロボッツは、日本人と帰化選手のみで挑み、接戦を演じた。第3クオーター中盤まではシーソーゲームとなったが、終盤から徐々に点差を広げられた。最後は追い上げたが及ばなかった。

4チームによるプレーオフは27日に始まり、準決勝で信州が島根と、熊本が群馬と戦う。

(アダストリアみとアリーナ、2823人)

福島 27勝...    
<記事全文を読む>