バスケットボール男子・Bリーグ(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは20、21の両日、天童市の県総合運動公園アリーナで群馬(同地区)と対戦する。ホームで迎える今季最終節。小野寺龍太郎ヘッドコーチ(HC)は「シーズン最後の戦い。バスケットボールの楽しさと選手の躍動をブースター(ファン)にしっかり届けたい」と決意を新たにした。

 山形は19日、練習拠点の山辺町民総合体育館で調整した。同地区首位の群馬は、オールラウンドプレーヤーのトーマス・ケネディを擁し、対応力の高いディフェンスにも定評がある。山形は、相手外国人選手に対する守備の連係や、ディフェンスの形態に対応する...    
<記事全文を読む>