順位が確定して最終節を迎えるが、決して消化試合にはしない。仙台はターンオーバーを減らすことを明確な課題として青森との2連戦に臨む。
 速攻が得意な青森に対し、ターンオーバーは命取りになる。2月の対戦では不用意なターンオーバーから流れを失ってまさかの2連敗。プレーオフ進出を逃す要因になった。主将の月野は「どこかに油断があった。集中し続けることが大切」と戒める。
 今季仙台のターンオーバーは1試合平均12.9個。リーグで見ると18チーム13位と決して良くはない。桶谷監督は「今季ついて回った命題を、最後にクリアできるのかが試されている」と話す。青森戦を前にした練習ではミス...    
<記事全文を読む>