八村のNBA挑戦が明らかになった16日、東北のバスケ関係者からは21歳の決断を応援する声が上がった。ドラフト会議での上位指名に加え、大舞台での活躍に期待が高まった。
 2000年に米・独立プロリーグに移籍した経験を持つ元日本代表の長谷川誠さん(48)=横手市出身=は「素晴らしい選手。1巡目に指名されるだろう」と語った。ドラフトの対象になる、そのスケールの大きさに「NBAで経験を積み、来年の東京五輪で日本代表を勝利に導いてほしい」と力を込めた。
 「目標に向かって必死で努力し、苦手な英語にも取り組んでいた」。母校の宮城・明成高の中村勝彦校長(65)は、ゴンザガ大への進...    
<記事全文を読む>