バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区2位の島根スサノオマジックが14日、ホームの松江市総合体育館で第58戦を行い、同地区4位の愛媛オレンジバイキングスを84-68で下し、1部(B1)昇格が懸かるプレーオフ進出を決めた。通算42勝16敗で、同地区首位の熊本とのゲーム差は1のまま。最終節で2連勝し、熊本が2連敗すれば島根の地区優勝が決まる。

...    
<記事全文を読む>