レバンガは後半に失速した。「後半は攻撃が機能しなかった」と野口。秋田のセンター、キーナンを中心とした守りに阻まれてリズムを崩し、大差で敗れた。

 第3クオーターのレバンガのシュート成功率は23・1%、第4クオーターも33・3%と低調だった。シュートミスやパスミスを重ね、後半で19点しか奪えなかった。山本は「フリーのシュートを外してしまった。僕がもっと点を取れれば」と悔やんだ。

 レバンガが決めた3点シュートは2本。「秋田のマークが厳しく簡単に打たせてもらえなかった」と野口。外角を使えなかったことに加え、リバウンドはレバンガの27に対し、秋田は45。ゴール下を支配...    
<記事全文を読む>