バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは13日、青森市のカクヒログループスタジアムで茨城ロボッツと対戦し、60―73で敗れた。通算成績は14勝43敗。
 試合開始直後から、速い攻撃でリズムをつくったワッツ。第2クオーター(Q)終了時には8点をリードするなど、試合の主導権を握る場面もあった。
 しかし、第3Q以降、守りを固めた相手に対し、反則やミスを連発。同点で迎えた第4Qには、開始直後に勝ち越しを許した。
 その後も攻守の要であるカレン・ルッソ、ユリアス・ユツィカスの2選手が反則の累積で退場するなど劣勢を強いられ、最後までペースを取り戻せなかった。<...    
<記事全文を読む>