バスケットボール男子のBリーグ1部は13日、9試合を行った。東地区最下位のレバンガ北海道は、秋田市CNAアリーナ★あきたで同5位の秋田に66―79で、チームワーストを更新する19連敗を喫した。通算成績は10勝47敗で、順位は変わらない。

 レバンガは、第3クオーターを終えて50―52と接戦を演じたが、第4クオーターでミスなどからリズムを崩し、点差を広げられた。

 次戦は14日午後2時5分からCNAアリーナ★あきたで秋田と対戦する。

 中地区は首位の新潟が同2位の川崎に80―78で競り勝って42勝15敗とし、地区優勝を決めた。

...    
<記事全文を読む>