バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区最下位で残留プレーオフ(PO)に回ることが決まっているレバンガ北海道は13、14の両日、秋田市CNAアリーナ★あきたで同5位の秋田と対戦する。

 レバンガは、チームワーストの18連敗中。B1全体で15位で11連敗中の秋田は、残留POで対戦する可能性がある。対戦成績は1勝3敗と負け越しているが、残留POに向けて得点源のセンターのキーナンを抑えて白星を挙げたい。

 10日の栃木戦は83―95と大量失点で敗れているだけに、内海ヘッドコーチは「守備を修正して、残留POでしっかり結果を残せるような戦いをしたい」と話した。 <記事全文を読む>