プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区1位)は7日、沖縄市体育館で京都ハンナリーズ(同2位)と今季第55戦を行い、67―52で勝利し、2年連続で地区優勝を勝ち取った。試合後はセレモニーが行われ、Bリーグを統括・運営する公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグの浜武恭生専務理事から、チームを代表して岸本隆一に賞金1千万円と優勝プレートが贈られた。Bリーグ開幕以降、キングスがホームで地区優勝を決めるのは初めて。同日は3296人のファンが詰め掛け、京都と接戦を繰り広げる選手らを声援で後押しし、期待に応えた選手らに惜しみない拍手を送った。 <記事全文を読む>