バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)は6日、ファイナルステージ第3節第1日の3試合を行った。岐阜スゥープスはホームの下呂交流会館で岩手に56―70で敗れ、通算1勝4敗で、順位を最下位の7位に下げた。

 序盤から岩手のゾーンディフェンスに苦しんだ。フォワードのビンゴがリバウンドを粘り強く奪い、センターのマイケルやガードの主将杉本慎太郎らが得点につなげたが、外からのシュートでミスが目立ち、第2クオーター終了時には7点のリードを許した。

 第3クオーターは、相手外国人選手をファウルトラブルに追い込んだが、攻め手を欠く場面が目立った。リードを縮められないでいると、第...    
<記事全文を読む>