バスケットボール男子B2で、中地区優勝へのマジックナンバーを「1」としている信州ブレイブウォリアーズは5日、勝てば初優勝が決まる6日の金沢戦に向けた最終調整を、試合会場のことぶきアリーナ千曲(千曲市)で行った。同アリーナでの練習は1週間ぶりで、約2時間の練習で汗を流した。
 練習は午後1時ごろに開始。ウオーミングアップなどで体を温めた後、5対5の試合形式の練習では熱のこもったプレーで実戦感覚を養った。連係に精度を欠いた際には勝久監督から厳しい声が飛ぶなど、緊張感のある中で大一番に向けて調整。疲労などの影響で前節2試合はベンチ外だったマクヘンリーは軽快な動きを見せていた。 <記事全文を読む>