2010年の秋田NH発足時から8季にわたってプレーし、昨季限りで引退した水町亮介さん(37)の引退セレモニーが、秋田市の県立体育館で3日行われた千葉戦に先立って行われ、ブースターらが歓声と拍手でねぎらった。

 セレモニーでは、あきた舞妓(まいこ)が踊りを披露したほか、かつてのチームメートや恩師からのビデオメッセージがスクリーンに映された。水町さんは「秋田での8年間は夢のようだった。私のような平凡な選手が大きな声援を背にプレーできたのは考えられないこと。皆さんのおかげです」とあいさつ。家族から花束を受け取った。

...    
<記事全文を読む>