バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区最下位のレバンガ北海道は3日、宇都宮市体育館で同2位の栃木と対戦する。今季の対戦成績はレバンガの1勝3敗。

 レバンガはチームワーストの14連敗中。ただ、ここ10試合で70点台が6試合、50点台が2試合と低調だった得点は3月31日のSR渋谷戦で85得点に回復した。早いパス交換からゴール下へ切り込む場面が増え、連係も上向き。内海ヘッドコーチは「トータルして明るい材料はある」と話す。

 栃木は1試合当たりの平均得点が81・2点でB1全体の4位と高い攻撃力を誇る。レバンガはロシター、日本代表のエース比江島を抑えて待望の白星...    
<記事全文を読む>