明治安田J3第7節最終日は28日、静岡県沼津市の愛鷹広域公園多目的競技場などで6試合を行い、ロアッソ熊本は敵地で沼津を2-0で下した。熊本は今季初の連勝で3勝2分け2敗とし、初めて白星が先行。勝ち点を11に伸ばし、暫定12位から5位に浮上した。

 熊本は前節からDF黒木晃平を替えたのみの4-4-2の先発布陣で臨み、前半3分、沼津ゴール正面右で得たFKをDF高瀬優孝が決めて先制。後半10分には左サイドの高瀬が上げた中央へのクロスを、FW佐野翼が頭で押し込んだ。守備では13本のシュートを浴びたが、GK山本海人の好守などで失点を阻んだ。

...    
<記事全文を読む>