自陣に引きこもった相手を崩せず、終盤の数少ないピンチに我慢ができなかった。浦和の術中にはまった清水は今季初の無得点に終わり、連勝もストップ。入場券完売のホーム試合でネットを揺らすことさえできず、選手たちはうなだれるしかなかった。
 相手はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の海外遠征から戻ったばかり。リスクを冒さない戦術に出てくるのは想定内だったが、清水の攻撃もなかなかスピードアップしなかった。金子は「相手のスローペースに付き合ってしまった」と悔やむ。
 球を保持しても、5バック気味で守る浦和に戸惑っているようだった。最終ラインは縦パスの出しどころを探し続け、攻撃...    
<記事全文を読む>