(最終日、28日・IAIスタジアム日本平ほか)

 平成最後の開催は8試合を実施。前節を終わって6位の浦和は、敵地で清水に2―0で勝利。今シーズン初の3連勝で勝ち点を17に伸ばし、5位に浮上した。2点目を決めた興梠が、平成最後のゴールを記録した。

 後半の決定機を逃さなかった浦和が清水を2―0で下し、今季初のリーグ3連勝を飾った。

 浦和は後半28分、左CKの流れから山中が左クロスを上げると、胸でボールをコントロールした興梠が左足でボレーシュート。相手GKがはじいたところで待ち構えていたマウリシオが先制ゴールを決めた。後半ロスタイムには興梠のダメ押し弾...    
<記事全文を読む>