明治安田J2第11節最終日(28日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=7試合)水戸は新潟と0-0で引き分けた。通算成績6勝5分け、勝ち点23で首位をキープし、開幕から11戦無敗としてクラブ記録を更新した。

水戸は前半途中から主導権を握られた。後半は多くのピンチを迎えたが、松井の好セーブなどでしのいだ。攻撃陣はカウンターでつくった少ない好機を生かせなかった。

■水戸・長谷部監督 まずまずの出来

どちらが勝っても、というゲーム。(結果を)ポジティブに捉えている。攻守にわたってチームとしては大崩れしない、まずまずの出来だった。<...    
<記事全文を読む>