サッカーの明治安田J1リーグ第9節最終日の28日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で川崎フロンターレと対戦し、1-2で敗れた。リーグ4連敗と泥沼を抜け出せないまま、平成最後の試合を終えた。

 神戸は前半を終えて0-2。後半の終盤に古橋のゴールで1点を返したが、そこまでだった。

...    
<記事全文を読む>