◆明治安田生命J2第11節 福岡0-1山形(27日・東平尾公園博多の森陸上競技場)

 アビスパ福岡が山形に0-1で敗れ、平成のラストマッチも“外弁慶”ぶりを露呈した。アウェーで毎試合得点している攻撃陣が、ホームでは今季6試合のうち5試合が無得点。J2では2008年以来11年ぶりに開幕11試合で一度も連勝できなかった。初対決となった長崎と鹿児島の九州ダービーはスコアレスドローに終わった。

 新時代への期待が膨らむ世間とは対照的に、アビスパには閉塞(へいそく)感が漂う。パスをつなぐ攻撃が機能せず、今季早くも5回目の無得点。しかも全てホームだ。...    
<記事全文を読む>