「システム変えただろ?」「お前もな」。仙台が1次リーグ突破を決めた24日のルヴァン杯鳥栖戦。1-1と引き分けた試合後、渡辺監督は鳥栖のカレーラス監督と握手しながら言葉を交わしたという。緻密な戦術家同士、策を尽くした相手への敬意がにじむ。
 双方とも大胆な布陣変更に出た。2017年から3バックを基本としてきた仙台は久々の4バックに切り替えた。渡辺監督は「鳥栖も基本的に4バックなので」と手を打ったが、ふたを開けてみたら鳥栖は3バック。互いが本来と逆の陣形となった。
 カレーラス監督が「ポジショニングの取り合い」と振り返るように、慣れないやり方で戦況が局面ごとに変化。前半...    
<記事全文を読む>