開幕直前のけがで戦列を離れていた仙台の椎橋が今季初出場。ボランチで安定したプレーを見せた。「ゲーム感覚はそれほど落ちていない」と手応えをつかんだようだった。
 「攻撃のスイッチを入れるのが僕の役割」と両サイドにボールを供給。後半11分には自ら強烈なミドルシュートを放ち、相手GKがはじいて獲得した右CKが同点ゴールにつながった。
 ルヴァン杯は1次リーグ突破を決めたが、リーグ戦は不振が続く。ようやく戦列復帰を果たし、「一つ踏ん切りがついた。『ここから駆け上がるぞ』という気持ちが大きくなった」と巻き返しを誓った。

...    
<記事全文を読む>