Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第4節(24日・ユアテックスタジアム仙台ほか=8試合)B組の首位仙台は鳥栖と1―1で引き分けた。勝ち点10として同組2位以内を確保し、プレーオフ進出を一番乗りで決めた。FC東京は柏を下した。D組はG大阪が磐田に4―1で快勝して首位浮上。清水―松本は引き分けた。A組では札幌が長崎を6―3で下してトップ。横浜Mは湘南に勝った。C組のC大阪は神戸に1―0で競り勝ち、首位に立った。
 C組の大分は、大分市の昭和電工ドーム大分で名古屋と対戦し、2―2で引き分けた。通算成績は1勝1分け2敗で順位は同組4位のまま。
 大分の次の試合はリー...    
<記事全文を読む>