サッカーJ2のFC岐阜は十節の二十一日、ホームで首位の水戸ホーリーホックと対戦し、0-1で敗れた。四連敗となり、順位は変わらず降格圏の二十一位。岐阜は前半にサイド攻撃からチャンスをつくるがゴールにつながらず、両チームとも無得点で迎えた後半、水戸にロングシュートを決められた。次節は二十八日、敵地で栃木SC(二十位)と対戦する。

◆平成最後のホーム、無得点

 平成最後のホーム試合でサポーターを笑顔にすることができなかった。大木武監督は「点が取れないのが大きな問題」と話した。

 これで四試合連続で無得点。開幕後の十試...    
<記事全文を読む>