サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は21日、竜洋スポーツ公園サッカー場などで第3節4試合を行った。
 ホーム初戦の磐田ユースは後半13分、藤原健介が先制ゴールを決めたが、25分に流通経大柏高(千葉)に追い付かれ、1―1で引き分けた。
 清水ユースはDFノリエガ・エリックの2得点などで4―1と尚志高(福島)に快勝し、2位に浮上した。

 ▽東地区
 磐田ユース(4) 1(0―0 1―1)1 流通経大柏高(千葉)(4)
 清水ユース(6) 4(1―0 3―1)1 尚志高(福島)(3)

<記事全文を読む>