鳥栖は決定力を欠き、4試合連続無得点で3連敗を喫した。

 前半、松本の激しいプレスにボールを収めきれないでいると、10分、浮き球のパスに反応したFW前田を止めきれず先制を許した。その後は徐々にリズムをつかみ、25分、FWトーレスがゴール前で落としたボールをFW金崎が蹴り込んだが、惜しくも枠右に外れた。

 1点を追う鳥栖は後半、サイドを起点に攻め込んだ。6分、DF三丸のクロスをMF松岡がつなぎ、MF高橋秀が右足で狙ったが相手GKの正面に。その6分後には、ドリブルで駆け上がったトーレスが数的優位をつくり、金崎にラストパス。しかし、ここは相手DFに阻まれた。以降もゴー...    
<記事全文を読む>