才能豊かな両MFが鹿島戦でリーグ戦初出場を狙う。神戸から移籍した25歳の松下と4年目で21歳の椎橋。パスセンスと鋭い読みの守備にたけた若い2人が中盤で攻守で力を発揮し、不振に苦しむチームのカンフル剤を担う。
 17日の紅白戦。2人が存在感を見せつけた。
 松下は2回とも主力組。左インサイドハーフに入り、左ウイングバックの石原崇と連係を取って左サイドを崩した。「石君(石原崇)は技術があって走れる選手なので頼りになる。うまくできればいい」と不安はない。
 椎橋も続いた。2回目で主力組の中盤の底に入り、鋭い縦パスを前線に入れて長沢のゴールをアシスト。「自分が試合...    
<記事全文を読む>