尾道市出身で、サッカーのJリーグでもプレーした平石健太さん(33)=同市平原=が今春、広島県立高校の教諭として新たなスタートを切った。福山市の葦陽高に着任。「目標を持ち続ける大切さを伝えたい」と、サッカー部の顧問として練習で声を張り上げている。

 「何を意識してやるのか。練習の意図をしっかり理解して」。放課後のグラウンドで平石さんが部員に語り掛ける。連動した動きで、相手の守備を乱す攻撃などを確認する。同高は昨年の全国高校選手権県大会で4強。今年はさらに上を目指し、「全国大会出場」が目標。指導に熱がこもる。

 平石さんは、不屈の思いでサッカーに向き合ってきた。守備...    
<記事全文を読む>