フットサルの全国リーグ「Fリーグ」でボアルース長野が2部初代王者に輝き、入れ替え戦(2月)も勝って1部昇格を決めた。立役者となったのが2部初代MVPを獲得した群馬県立前橋商業高サッカー部出身の石関聖(32)。加入初年度に目標を達成し「情熱だけでこの1年突き進んできた。うれしい」と喜ぶ。

 開幕前、長野の目標は3位以内だった。現1部のクラブにも在籍経験を持つ石関にとって「レベルの低い、技術のないチーム」だった。チーム強化を最優先に、自ら戦略や練習内容を考えた。敵陣でボールを奪う攻撃的守備を貫いて勝ち星を積み上げ、2部優勝。入れ替え戦最終日は石関が先制点を奪って4ー1...    
<記事全文を読む>