サッカーJリーグ1部(J1)ジュビロ磐田と清水エスパルスが激突する平成最後の静岡ダービーは14日、3万1144人を集めた袋井市のエコパスタジアムで行い、清水が2―1で磐田を下した。
 前半36分、清水がFW鄭大世(35)のゴールで先制し、後半13分にFW北川航也(22)が追加点を奪った。磐田は終盤に反撃。26分にFWロドリゲス(23)がゴールを決めたが、追い付くことはできなかった。清水は今季リーグ戦初勝利。
 1993年の初対戦から公式戦の通算成績は磐田の31勝6分け26敗。

...    
<記事全文を読む>