サッカー女子・チャレンジリーグは13日開幕。津山市の津山陸上競技場で西地区1試合があり、ホームの岡山湯郷ベルはスペランツァ大阪高槻と0―0で引き分けた。

 なでしこ2部から降格して今季を迎えた湯郷ベルは、前半にFW木龍らがゴールに迫るも無得点。攻め立てられた後半は、GK佐喜真を中心に粘り強く守った。次節の21日、アウェーでNGUラブリッジ名古屋と対戦する。

 チャレンジリーグは12チームが東西各6チームに分かれ、3回戦総当たりで争う。各地区の1、2位、3、4位、5、6位の3組(各4チーム)で1回戦総当たりのプレーオフを行い、最終順位を決める。1位はなでしこ2部に...    
<記事全文を読む>