サッカーJリーグ1部(J1)第7節第1日は13日、2試合を行い、前節15位の札幌はヤンマースタジアム長居(大阪市)で同11位のC大阪と対戦し、1―0で競り勝った。連敗を3で止め、通算成績は3勝4敗で勝ち点を9に伸ばした。

 序盤から両チームともに好機をものにできない展開が続いたが、後半35分、DF福森のCKをDF進藤がヘディングで合わせ、札幌が均衡を破った。守備では、GK具聖潤(クソンユン)が好セーブを連発し、ゴールを割らせなかった。

 札幌は次節、20日午後1時から札幌ドームで横浜Mと対戦する。

...    
<記事全文を読む>