サッカーJ2で5位のFC琉球は13日午後2時から、東京都調布市の味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦する。前節の柏戦は最終盤で追いつき、26試合連続ホーム負けなしのJリーグ新記録を樹立した琉球。相手の東京Vは日本のサッカー界をけん引してきた歴史も実力もあるチーム。琉球は勝ち星から遠のいているだけに、何が何でも勝利をものにしたい。

 東京Vは、1992年のJリーグ発足時に加盟した10チームを示す「オリジナル10」の一つだ。前身のヴェルディ川崎からこれまで、リーグでは4度頂点に立ち、天皇杯の優勝経験もある。樋口監督は「名門中の名門。日本のサッカーを引っ張ってきた」とその実力を...    
<記事全文を読む>