シュートを放てば放つほど、皮肉にも仕上げの精度の悪さが目立った。清水は期せずしてつかんだ数的優位の状況を生かせずドロー。膝に手を置いた選手からは消化不良のムードが漂った。
 開始早々、CKから元清水の三浦に頭で流し込まれて失点したが、前半17分に追い風が吹いた。ゴール前の混戦から高橋が放ったヘディングシュートを相手が手で阻止して一発退場。清水はPKで追い付き、ボールを支配して攻め立てた。
 しかし、肝心のゴールが遠かった。中央突破やサイド攻撃、ミドルシュート。多彩な攻撃は繰り出したが、いずれもネットを揺らせなかった。「シュートを枠に飛ばせない。改善が必要だ」とヨンソ...    
<記事全文を読む>