サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグで、F組の広島は10日、エディオンスタジアム広島で大邱(韓国)と対戦する。キーマンは稲垣だ。右肩の亜脱臼から復帰し、ボランチで今季公式戦初先発が濃厚。「身が引き締まる思い。先制されると難しくなるので、堅い試合にしたい」。チーム屈指の運動量と守備力で、大邱のカウンター攻撃を封じる鍵となりそうだ。

...    
<記事全文を読む>