サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第3戦が9日、各地で行われ、2連覇を狙うE組の鹿島はアウェーで慶南(韓国)に3-2で逆転勝ちし、勝ち点7で首位を守った。

鹿島は後半に2点を先行されたが、1点差に迫った後の後半ロスタイムに金森、セルジーニョがゴールを奪った。G組の浦和は後半に失点し、今大会初黒星を喫した。

10日にはF組の広島-大邱(韓国)、H組の蔚山(韓国)-川崎が行われる。

■鹿島・大岩監督の話 勝ち点3を評価アウェーでの勝ち点3を評価。自分たちで試合を難しくしてしまった部分があった、再戦に向けてしっかり準備したい。

...    
<記事全文を読む>