埼玉スタジアム付近の市道でみだりに発炎筒を使用したとして、県警交通指導課と浦和東署の合同捜査班は8日、道交法違反(禁止行為)の疑いで、Jリーグ浦和レッズのサポーターの男3人をさいたま地検に書類送検した。スポーツ観戦に関わる発炎筒使用事案で、道交法事件で適用するのは全国初だという。

 書類送検されたのはさいたま市南区の会社員男(29)、ふじみ野市の無職男(61)、越谷市の会社員男(55)の3人。

 書類送検容疑は昨年12月9日午後3時43~48分ごろと、同9時58分~同10時6分ごろ、さいたま市緑区美園2丁目の埼玉スタジアム正面出入り口付近の市道で、みだりに発炎筒...    
<記事全文を読む>