◆明治安田生命J2第8節 横浜FC1-1福岡(7日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 福岡がアウェーで貴重な勝ち点1をつかんだ。後半12分にFW梁東〓のPKで先制。その後PKで追いつかれたが、中3日の試合でしぶとく持ちこたえた。

 横浜FCはスタメン出場した52歳のFW三浦がJリーグの最年長出場記録を更新。“キング・カズ”は後半9分で途中交代したが、福岡一筋15年目で、J通算出場が400試合を超えるFW城後が意地を見せた。サポーターに“キング”の愛称で親しまれる背番号10は「監督の指示もあって、うまくボールを保持しながら...    
<記事全文を読む>