明治安田生命J1リーグ第6節最終日は6日、仙台市のユアテックスタジアム仙台などで6試合があり、サガン鳥栖はベガルタ仙台に0-3で敗れた。通算成績は1勝1分け4敗(勝ち点4)で、順位は二つ下がって17位。

 広島はG大阪に3―0で快勝し、勝ち点を14に伸ばして首位に立った。FC東京は清水に2―1で逆転勝ちして同14とし、得失点差で2位。大分は藤本のゴールなどで札幌に2―1で競り勝って勝ち点12。松本は神戸を2―1で破った。磐田は湘南に2-0で制し、今季初勝利を挙げた。

 第7節は13、14の両日あり、鳥栖は14日午後2時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムで川崎フロン...    
<記事全文を読む>