磐田が開幕から6戦目で今季初勝利を挙げた。後半27分、右サイドを駆け上がった松本が、大久保を経由してゴール前に切れ込んだ。クロスは相手に当たりGKの股間をすり抜けてオウンゴールとなった。「ゴール前に入ったことが得点につながった」と松本。2試合連続ゴールこそ逃したが、チームの理想の形で生まれた先制点に胸を張った。
 今季は攻撃力アップへ、アウトサイドの動きに工夫をこらしてきた。名波監督は「結果が出ず申し訳なかったが、やり続けないと昨年同様に得点を奪えない」とぶれなかった。前半40分は、高橋のパスに左MFの小川大が抜け出し、長い距離のドリブルからクロスがポストに当たる決定機もあっ...    
<記事全文を読む>