リーグ開幕から続く悪い流れを断ち切ろうと、平岡が守備で貢献を誓う。4連敗中はいずれも複数失点。最終ラインの一角は「誰が(ボールに)行って誰がカバーするか、一人一人の役割をはっきりさせたい」と開幕戦以来の無失点での今季初白星を目指す。
 開幕から5試合全てにフル出場し、堅実なプレーを見せた。「(守備の)ブロックをつくることができれば崩されていないし、カウンターもできている」と一定の手応えを感じているが、チームは開幕から5試合で9失点。「人がそろっているのにやられているシーンが多く、もったいない失点が続いている」と課題を口にする。
 5試合で1得点と得点力不足に苦しむ鳥...    
<記事全文を読む>