危機感がチームを一つにした。仙台が4連敗を喫したホームC大阪戦から3日後の2日、仙台市泉サッカー場での練習。開始前に選手、スタッフに練習参加したユース選手も加わり、全員で大きな円陣を組んだ。
 普段はあまり見ない光景。渡辺監督は「ノーコメント」と中身について多くを語らないが、悪い流れを何とか断ち切ろうとする思いは感じた。
 変化は他にもあった。6日のホーム鳥栖戦まで4日間の練習は全て非公開。これまで試合2日前からだった非公開とする期間を大幅に延ばした。2日は冒頭30分間のみ報道陣に公開しただけだった。
 チームは開幕5戦未勝利で最下位。スタートダッシュに完...    
<記事全文を読む>