明治安田J2第7節(3日・NACK5スタジアム大宮ほか=11試合)ファジアーノ岡山はアウェーで大宮に1―2で逆転負けした。勝ち点は10(3勝1分け3敗)のままで、6位から10位に後退した。

 甲府が岐阜を2―0で下し、勝ち点15で首位に浮上した。東京Vと引き分けた水戸、長崎に快勝した柏も同15とし、得失点差で水戸が2位、柏が3位。前節トップの琉球は千葉に敗れて初黒星を喫し、4位に下がった。

 ファジアーノは次節の7日、ホームで新潟と対戦する。

大宮2―1岡山
前半0―0
後半2―1

<記事全文を読む>