サッカーJ2のFC岐阜は七節の三日、甲府市の山梨中銀スタジアムでヴァンフォーレ甲府と対戦し、0-2で敗れた。順位は十六位に下がった。

 岐阜は、元日本代表のFW前田遼一選手が今季初めてスタメン出場したが、中盤のミスが重なり、決定機をつくれなかった。守備でも相手の攻撃に押し込まれる場面が続き、GKヤン・オレ・ジーバース選手の好セーブでしのいでいたが、後半に続けて失点した。

 次節は七日、敵地で愛媛FC(十九位)と対戦する。

 (沢田石昌義)

...    
<記事全文を読む>