サッカー関東1部リーグの栃木シティFCは31日、栃木市総合運動公園陸上競技場で昨季東北1部リーグ王者のブランデュー弘前とプレシーズンマッチ(PSM)を行い、1-2で逆転負けした。

 栃木シティは前半25分、Jリーグ通算99得点のFW藤田祥史(ふじたよしひと)(前J3秋田)が空中戦に競り勝ち、同じく今季新加入のMF田中輝希(たなかてるき)(前おこしやす京都AC)がこぼれ球を右足で押し込み先制した。しかし34分に左サイドからのクロスを合わされて同点。後半44分にはCKから勝ち越しゴールを頭で押し込まれた。ロスタイムは攻勢を強めて何度か決定機をつくったが決め切れなかった。

...    
<記事全文を読む>