◇DeNA5-3巨人

 DeNAが連敗を10で止めた。2-3の八回に大和の中前適時打で追い付き、石川の2年ぶりの本塁打で2点を勝ち越した。2番手の国吉が2回無失点で2勝目。山崎が最後を締めて3セーブ目。巨人は4安打に抑え込まれた。

 直前の同点劇にファンが沸き立つ中、打席に立つDeNAの石川は冷静だった。八回2死一塁。「一、二塁間に強い打球を打とう」。初球。宮国が投じた甘い直球を捉える。「たまたま上がってくれた」という打球は勝ち越しの右越え2ラン。10連敗という長いトンネルからチームを光の差す場所へと導いたのは、生え抜きの...    
<記事全文を読む>