プロ野球ヤクルトのマスコット「つば九郎」が26日、秋田魁新報社を訪れて6月29、30日に秋田市のこまちスタジアムで行われる巨人戦をPRした。おなじみの筆談を披露し「(秋田市出身の)石川君がたぶん先発なので見に来てね」とアピールした。

 つば九郎の予想では、交流戦明け最初の試合でエース対決となる可能性が高く、石川雅規投手の登板が有力視される。ヤクルトには39歳のベテラン左腕石川のほか、抑えの石山泰稚投手(秋田市出身)も在籍。古里秋田のマウンドで石川―石山のリレーが実現する可能性については「期待してください」とつづった。

...    
<記事全文を読む>